看護師の病院以外での働き方

看護師の転職。病院以外での働き方「老人ホーム」

看護師の転職先・就職先として最近かなり人気があるのが、老人ホームです。

ここは、高齢者が生活しやすい設備が整った施設にて、高齢者が生活したり、食事・入浴などの介助、レクレーションルームなどがあります。


入居している高齢者は、あまり支障なく生活出来る方から、寝たきり、認知症の方などを受け入れる施設など、さまざまです。


業務に追われて忙しい病院勤務とは違い、そこまでハードな勤務形態ではなく、残業・夜勤が少ないことが人気の理由になっています。


さらに、医療行為や生死に関わる仕事が少ないことも、働く看護師の精神的な部分の負担を少なくしているのでしょう。


また、その施設で行われるレクレーションの補助をしたりと、入居している高齢者の方の心のケアや、話し相手となったり、楽しませてあげようという気持ちが必要です。

老人ホームで働く看護師の1日の業務の流れとしては、まず朝の申し送り、入居している高齢者の方のスケジュールに合わせたインスリン・吸引などの処置、食事介助、健康管理のためのコミュニケーション、夜間のための申し送り、1日の記録などです。

この中には、看護師がメインで行う業務と、介護職員がメインで行うことと両方ありますが、勤務先によってもやや異なります。

また、1週間に1度は往診のサポートがあります。


老人ホームでは、医師が常駐している施設はほとんどないので、看護師が頼りにされるシーンがたくさんあります。


自分から積極的に責任を持って行動出来る看護師が必要とされます。


雇用に関しては、看護師を正社員で採用している老人ホームは少なく、だいたいがパートで採用しています。

ですから、家事や育児、プライベートの時間を大切にしたい看護師であれば、条件としてとても良いかもしれませんが、医療の現場でバリバリ働きたい看護師にとっては、あまり満足出来ない場所かもしれません。


看護師の転職。病院以外での働き方 その他のページ一覧


「美容外科」
「企業医務室」
「デイサービス」
「保育所」



⇒⇒⇒看護師紹介会社ランキングはこちら