看護師の病院以外での働き方

看護師の転職。病院以外での働き方「企業医務室」

病院で看護師として働く以外には、企業医務室での求人もあります。

しかしこの求人は非常に人気が高く、離職率も低いのでほとんど求人が出ることがありません。

1度募集すると、かなりの希望者が集まるほど、人気な就職・転職先です。

企業医務室とはどういった場所かと言うと、一般企業・大手企業・金融機関での健康管理室、または学校の保健室などに常勤して、社員の方や生徒を対象にした看護業務を行う場所です。

これは、現役で働いている看護師だけではなく、育児などで休業していた看護師からも人気があります。

この企業医務室で働く看護師は、産業看護師と呼ばれることもあり、看護師の資格さえあれば働くことができます。


仕事内容としては、生活習慣病予防指導、健康管理、急病やケガなどの応急処置、メンタルカウンセリングなどを行います。

業務はパソコンでのデータ管理や報告書を作成したりと、看護師スキルだけではなくパソコンスキルも必要となります。

さらに企業医務室で働く看護師に求められるのは、接遇力の高さです。


医務室に訪れるのは一般社員だけではありません。

中には役員も来ることがありますので名前を尋ねるのは失礼になるため、役員の名前と顔は頭に入れておき、すぐに対応が出来るようにしておくなどの工夫が必要であったり、失礼のない名刺交換の仕方など、病院業務では普段行わないようなビジネスマナーが必要となることが多々あります。


社会では一般常識のようなことでも、これまで病院で働いたことしかない看護師にとっては、1つ1つ勉強することがかなりあるかもしれません。


また、服装もナース服ではなく私服の上に白衣、またはスーツなど、OLのような感覚が味わえる、これも企業医務室特有ですね。

ですから、病院のような感覚で転職すると、かなりギャップがあると思います。

この企業医務室の求人がとても人気がある理由には、企業カレンダーと同じ日が業務も休みとなるため、土日祝日は休みで、年末年始などもしっかりと休みがあることから、プライベートも充実でき、家事や育児とも両立しやすいことでしょう。


看護師としては、ここは大きなポイントとなりますよね。


これは、学校の保健室で働く看護師にも同じことが言えます。

学校のスケジュールと同じ日が休みとなるので、子供がいる看護師さんでも、両立がしやすいです。

これまでは、保健室には保健の先生が常駐していましたが、現在では看護師が保健室で働くことも多くなってきています。


残業が少なく、夜勤がないのでメリット点が多いです。

ですが、学校での勤務ですから対象となるのは子供だけです。
子供と接することが苦手な方ではまず無理です。


企業医務室でも学校でも、1つの求人に100人以上の応募があるほど人気な求人ですので、希望の場合は常に情報収集しておくことが必要です。


看護師の転職。病院以外での働き方 その他のページ一覧


「美容外科」
「老人ホーム」
「デイサービス」
「保育所」



⇒⇒⇒看護師紹介会社ランキングはこちら