看護師の病院以外での働き方

看護師の転職。病院以外での働き方「デイサービス」

病院以外にも、看護師が必要とされている場所はたくさんあります。
その1つが、デイサービスです。


現在、高齢化社会がどんどん進行していき、高齢者を介助する施設、や介護士など、多くの人材・場所が必要とされています。

それに伴い、デイサービスなどで働く看護師も、求められているのです。


このデイサービスとは、正式名称が通所介護といいます。

介護が必要な高齢者が自宅から施設に通い、食事・入浴などの介護、健康管理、機能訓練、レクレーションを行う場所です。


中には、レクレーションを通してお友達を増やしたい方、家族や要介護者本人の負担を軽減するため、事故などで身体に障害のある方など、1人1人がさまざまです。


デイサービスの看護師の仕事としては、デイサービスに通っている方の健康管理やバイタルチェック、口腔ケア、トイレの介助、衣類の着脱、薬の管理、感染症予防指導、急変のときの対処などを行います。


しかしそれだけではありません。

ここでも、やはり看護師業務だけではなく介護士と同じような業務を行うこともたくさんあります。


たとえば、食事などの補助業務やレクレーションなどの行事の補助など、さまざまな仕事内容があります。


デイサービス施設のほとんどは、医師が常駐している施設は、ごくまれです。

ですから、常駐している看護師が常に利用者のケアをしていかなくてはなりません。
その分、自分が1人でこなさなければならないという、責任感が人一倍必要になりますね。

このデイサービスで働く場合、その転職先によって休日や給料などの待遇面で差があります。

勤務時間や残業時間が一般的な病院と比べても割と少なく、夜勤もありませんので、給与に関してはやや低めです。


年収で見ると、一般的な病院で働く看護師と比べると、だいたい100万円弱ほど少ないといえます。
しかし、これも働く地域、働く施設先によってかなり差がありますね。


しかし、このデイサービスの求人はとても人気があります。

それはやはり休日面でしょうか。

ほとんどの施設が、土日と祝日は休みであるため、看護師でありながらも土日祝日休みが可能です。

また、年末年始やお盆などの季節の休日もしっかり休みであることが多いため、家事や育児との両立がしやすいです。


その上、正社員雇用だけではなく、1週間に数日といったパートや派遣なども募集している施設が多いので、働き方も自分の生活に合わせて選ぶことができます。

高齢者と接することが好きな方や、プライベートがしっかり欲しい看護師に向いています。


責任感は必要ですが、意外とメリットの多いデイサービスでの勤務です。


看護師の転職。病院以外での働き方 その他のページ一覧


「美容外科」
「老人ホーム」
「企業医務室」
「保育所」



⇒⇒⇒看護師紹介会社ランキングはこちら