看護師コラム

看護学校選びのポイントは?

看護師になるために学ぶ看護学校には、大学・短大・専門学校など
種類も多くありどの学校で学べば良いのか迷ってしまいます。


ここでは、数ある看護学校の中で自分にあった学校選びができるようポイントをみてみます。


看護学校選びでのポイント --自宅から学校までの距離--


看護学校は、普通科の学校よりも数倍忙しく、学習する内容も多いのが学校の特徴です。


特に臨床実習が始まると忙しくなり、学校での学習以外に帰宅後、
実習レポートやまとめをしなくてはいけないため、
寝る時間も無く次の朝がやってくるなんてこともしばしば・・・。


自宅から学校までの距離が遠ければ、睡眠不足のまま学校に通わなくてはいけないため、
最初は睡眠が十分に取れていない状態でも頑張って付いて来れても、
次第に体力的に限界がきてしまいます。


また、十分な睡眠がとれていないことで体調を崩してしまうこともあり、
看護師になり患者さんを看てあげる前に自分が看てもらう立場になってしまいます。


厳しい看護学校での生活を少しでも楽に勉強に集中できる環境にするためには、
自宅から学校までの距離は少しでも近いところを探しましょう。


学校によっては、学生寮があるところもあるので、
距離が遠い学校を選びたい場合は寮の有無も確認してみてください。


看護学校選びのポイント --学校の費用--


看護学校の学費は、ピンきりで月に1万円程度、年間でも12万円前後と安い学校もあれば、
年間100万円以上する学費が高い学校もあります。


価格の違いは主に、研究や研修の力をの入れ具合や学校講師の違いなどがあります。


研究や研修の違いから、その後の看護師としての勤務に変わりはありませんが、
学費が高い学校に通いたいけど学費を捻出できないといった人のために、
奨学金制度を設けている学校もあるので確認してみてください。


看護学校選びのポイント --自身の学力--


看護学校には、専門学校・短大・大学とあり、各学校ごとに就学前には入試があります。
看護学校は、他の学校入試と比べても進学率が厳しくなっています。


そのため、最近では看護学校に通うための予備校もあり、看護学校に通うためには、
看護師として働きたいと言うやる気や希望だけでは通用しません。


看護学校選びのポイント --学校の特徴--


看護学校は、専門学校・短大・大学とあり、
どれも卒業する事で看護師国家試験の受験が可能になります。


その中の大学であれば、看護師国家試験の受験資格以外に保健師国家試験の受験資格も得られ、
4年制看護大学では助産課程を学修する事で、助産師国家試験の受験資格も得られます。


ただ、この助産課程を受けられる人数は数人程度と狭き門になっています。


看護学校は、看護師として厳しく忙しい環境の中で仕事をしていく上での最初の試練。
厳しい試練に耐えられるよう、数ある学校の中で自分にあった学校を探し頑張ってください。




⇒⇒⇒看護師紹介会社ランキングはこちら