看護師コラム

看護師の仕事と子育ての両立・院内保育所について

看護師として働いている人の多くは、看護師として仕事をする事に夢や目標を持っています。
夢や目標があるからこそ厳しい看護学校での勉強ができるのだと思います。


ですが、看護師として夢や目標を持って働いていた女性も、結婚や妊娠・出産といったことを期に、自身のその後の仕事環境には大きな違いが出てきます。


自身の環境が変わる事で、夢や目標を諦め退職・休職する人も少なくはありませんが、子供がまだ小さいうちに職場復帰をし再び看護師として働いている人もいます。
そんな看護師の仕事と子育ての両立についてみて見たいと思います。


看護師というと、夜勤もあり勤務体系が厳しく・忙しいというイメージを持っているのは私だけでしょうか。
実際、人の命に直接関わる仕事なので体力・精神的にとても大変な仕事です。


子育ても看護師の仕事同様、子供が小さければ小さいほど手もかかりますし、夜泣きなど24時間体制で頑張る必要があります。


そんなどちらも大変な仕事をこなせるよう病院にもよりますが、小さな子供がいる看護師には夜勤回数を減らしたり免除してくれる所や院内保育所を併設している病院があります。
院内保育所は、24時刊体制で預かってもらえる所もあり子育て中の看護師にとっては強い味方。


病院も看護師不足を解消するべく、子育て中の方が復帰しやすい環境やブランクを埋められるよう研修教育などを充実させているようですが、一度復帰してしまえば「子供がいるから・・・」などと仕事を放棄することはできません。


子供の健康管理も


また、子育て中の看護師は自身の健康管理だけでなく子供の健康管理にも注意が必要。
小さな子供ほど体調を崩しやすく、急な休暇が必要になることも多くあると思います。
そんな時に、自分以外に頼れる人がいてくれると心強く、仕事と育児を両立させやすくなります。


看護師の仕事は勤務体系も不規則で、子育てとの両立をさせるには消して楽な仕事ではありません。
ですが、夫や両親など身内の人の協力や理解を得て始めてみてはいかがですか。


またもし、常勤からの復帰が難しいようなら、看護師はパートとしての募集もたくさんあります。
はじめは短い時間から復帰してみて、子供の成長とともに勤務体系を変えていくのも良いかもしれませんね。


病院の院内保育所について


昔と比べて、結婚・出産後も働く女性が増えている中で一般企業や病院など、子育てと仕事の両立がしやすいように、働きやすいようにと院内保育所を完備しているところが増えてきています。
ここでは、病院の院内保育所のメリット・デメリットをみてみます。


院内保育所のメリットは・・・


・勤務時間に合わせて長時間子供を預かってもらえる。
  病院内保育所は他の保育園と比べても預かり時間が長い所が多い。
  病院にもよりますが、中には24時間対応の保育所もあるので、夜勤も安心してこなすことができ   ます。


・保育料が比較的安い。
  他の保育園や幼稚園と比べて、その病院に務めている人の子供しか通えないので、保育料も安  く、家庭への負担が余りありません。


・院内保育所なので、もしもの時にもすぐ見てもらえる。
  病院と同じ建物・敷地内に設置してある保育所が多いので、急な発熱など体調を崩した時にはす  ぐみてもらうことができます。
  

・子供が近くにいる安心感。
  仕事復帰しても、母親としても気持ちはみんな一緒。
  院内という近い距離にいることでの安心感や、時間が合えば会いに行くこと・授乳も可能。


一方、院内保育所のデメリットは・・・


・限られた場所での保育。
  小さい子供であれば問題ありませんが、大きくなるに連れて院内という限られたスペースでの遊   びでは子供が物足りなくなってしまうことがあります。
  

・自分の勤務が休みの日は預けられない。
  勤務している人の子供を預かる保育所なので、自身が休みの日に利用ができないところが多い   よう。


・子供のプライバシーが守られないことがある。
  保育所の保育士も看護師同様、病院の職員なので子供の情報・プライバシーはほとんど泣く筒抜  け状態のよう。


病院内保育所には、メリット・デメリットともにあるようですが、子育て中の看護師にとっては子どもと比較的近くにいながら働くことができる環境の一つであることには違いありません。
各病院、保育所の保育内容も違っています。いろいろな情報を得て、考えてみてはいかがでしょうか。



⇒⇒⇒看護師紹介会社ランキングはこちら