看護師コラム

看護師と准看護師の違いは??

看護師と一言で言っても看護師には、正看護師と准看護師の2種類があります。
この2つは、どのような違いがあるのでしょうか。


まずは、それぞれの資格について
正看護師は看護師国家試験に合格した、国家資格免許を持った人のこと。
准看護師は、各都道府県で行われる試験に合格した、都道府県知事免許を持った人の事。


正看護師、准看護師共に持っている免許は全く違いますが、全国の病院関連で働く事のできる資格です。
資格が異なる事で、仕事の内容にも違いがあります。


個人経営のクリニックや病院などでは、正看護師も准看護師も仕事内容に大きな違いはないようですが、本来「准看護師は、医師又は看護師の支持の元で業務を行う」という事が法律で定められています。


これは、准看護師は戦後、看護婦の不足を補うため通常の看護師教育を簡素化することで、必要最低限の知識と技術を身につけ早く現場での対応ができるように作られた資格なので、正看護師よりも准看護師は学習時間が短いく、独自の判断だけでは業務を行ってはいけないことになっています。


大きな総合病院や大学病院では、正看護師と准看護師では任される仕事内容は全く違うようです。
また、仕事内容の違いから、正看護師と准看護師とでは自身の責任感も全く違ってきます。


正看護師、准看護師の違いは仕事内容や責任意識以外にもあります。


それは、給与面。


正看護師と准看護師とでは、基本給以外に手当て面でも差があるようです。
基本給の違いや、手当ての違いだけで、准看護師は正看護師より月に3?5万円ほど低い給与水準になっていることが多いよう。


また、正看護師と准看護師とでは、昇給にも違いがあるようで、准看護師免許では看護師長や役職を貰うという事は、難しいようです。


准看護師は、正看護師に比べて早く医療関係の現場に入り仕事を行うことができます。
ですが、将来的に看護師を長く続けて行くためには、准看護師よりも正看護師の免許を取る事の方が待遇面や仕事内容・やりがいと言って面において良いようです。



⇒⇒⇒看護師紹介会社ランキングはこちら