地域別に「高年収」「職場の人間関係良好」など、良い条件の看護師求人情報を掲載しています。
転職希望の看護師さん・子育てが落ち着いて再就職希望の看護師さん、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、勤務を希望する都道府県のページをご覧ください。
その地域でおススメの求人情報や、転職サイト情報が調べられます。

北海道青森
岩手宮城
秋田山形福島
東京神奈川
埼玉千葉
茨城栃木群馬
新潟富山石川
福井山梨長野
愛知岐阜
静岡三重
大阪兵庫
滋賀京都
奈良和歌山
鳥取島根
岡山広島山口
徳島香川
愛媛高知
福岡佐賀
長崎熊本大分
宮崎鹿児島沖縄


 

 

看護師紹介会社ランキング

1位 ナース人材バンク

看護師紹介実績ナンバーワン

無料登録することによって、非公開求人を紹介してもらえます。 例として、年収600万円の大学病院求人(24時間託児所あり)・年収460万円のクリニック求人(日勤常勤・土日祝日休み)・年収500万円の市立病院求人(研修充実・年間休日125日)など。 希望通りの求人募集案件を探したい方は、まず無料登録だけでもしておきましょう。

詳しくはこちらから公式サイト

 

2位 ナースではたらこ

看護師人材紹介 顧客満足度第1位

バイトルドットコムなど、求人で有名な「ディップ」が運営する看護師専門の人材紹介サイト。 ハッピーボーナスキャンペーンとして、転職した方にもれなく最大10万円の お祝い金がもらえます。ネットなどの情報では分からない、現場の声など、 職場の詳しい情報も提供してもらえます。

詳しくはこちらから公式サイト

 

3位 看護のお仕事

年収アップできる非公開求人の紹介

某人気テレビドラマ番組の題名に似ていますが、こちらは求人サイトです。 毎月21万人が利用しており、年収アップの非公開求人を紹介してもらえます。 転職された方には、転職支援金最大5万円が一括支給されます。

詳しくはこちらから公式サイト

 






看護師の職場は??

看護師の職場は??と聞くと、多くの方が「病院での勤務」だと答えると思います。 確かに、病院での勤務は看護師の職場の1つですが、それ以外にも看護師が活躍している職場は多くあります。 看護師の職場について、みてみましょう。

看護師の勤務先で一番多いのが「病院勤務」 病院と一言で言っても、総合病院や大学病院などは診療科が多く、仕事内容も科ごとに違いがあるようです。

ですが、それぞれ科ごとに違いがあっても、病院での勤務は人の命に直接関わる大切な仕事。 24時間、交替制の勤務で大変と職場ではありますが、やりがいや目標を持ってできる職場です。

クリニック

病院と言っても、診療科が1つもしくは2つに決められているのが、クリニック。 クリニックは、総合病院・大学病院のような、慌ただしさや緊張感はあまりありませんが、専門科をしっかり学べる看護師の職場の1つです。

(クリニックでの仕事に興味がある方は、
看護師、人気が高いクリニックへの転職。実は看護師としてのスキルを問われる場所? のページも参考に。)

介護施設

今、看護師の職場として増えつつあるのが、介護施設。 高齢化社会が進み、介護施設は増え続けています。 そんな介護施設で、お年寄りの健康状態を把握し日常の生活をサポートしているのが看護師。

介護施設で働く看護師には、訪問介護・訪問入浴・デイサービスなど、通常の施設内で看護する仕事以外にもいろいろあります。

(デイサービスでの仕事に興味がある方は、
看護師の転職。病院以外での働き方「デイサービス」
のページを参照。)

保育所や保育園

その他に、保育所や保育園で子供の健康状態や怪我の処置を行ったり、企業で社員の健康相談やカウンセリングなどを行うもの看護師の職場の1つです。

(保育所での仕事に興味がある方は、
看護師の転職。病院以外での働き方「保育所」
のページを参照。)

看護師の職場は、医療機関以外でもたくさんあり、多くの場面で活躍できるのもです。

専門看護師・認定看護師・認定看護管理者

看護師には、資格認定制度というものがあります。
これは、医療の進歩や高度化・専門化、高齢化社会に伴う熟練した看護技術や知識の必要性。
これからの看護界に必要な専門知識・技術を持つ人を認定する制度のことです。

資格認定制度には、専門看護師と認定看護師、認定看護管理者があります。

専門看護師

専門看護師とは、複雑で解決が困難な看護問題を持っている人に対し効率的で高い水準の介護ケアを提供するための、専門知識や技術を良く理解した者の事。 2013年現在 11の専門分野での認定がされています。

専門看護師になるためには、看護系の大学を卒業し看護師資格を持つ人が現場で5年間実践(うち3年間は専門分野での実務研修)その後、日本看護系大学協議会が定める大学院へ進学する必要があります。

(専門看護師について詳しく知りたい方は、
看護師から専門看護師になるために。認定制度とプロセスのページも参考にしてみてください。)

認定看護師

認定看護師とは、専門看護師同様、高い水準の看護を提供する・実践できる看護師の事で、専門看護師との違いは、2013年現在 21の分野で認定があり、専門看護師よりもより細かい分野に分かれています。 認定看護師が専門看護師より臨床に近く、専門看護師はマネジメント要素が濃く広範囲にわたり活動します。 認定看護師になるためには看護師資格取得後、 実務研修を5年(うち3年以上は認定看護分野での研修が必要)その後、認定看護師教育機関で6ヶ月615時間以上の研修を行い、認定審査に合格して認定看護師として認定されます。

(認定看護師については、
看護師から認定看護師になるために。認定制度とプロセスのページも参照。)

どちらも、5年ごとに更新があり、あらゆる実績や審査を受ける必要があります。

認定看護管理者

専門看護師や認定看護師以外にも、認定看護管理者がありこれは、看護管理者認定審査に合格した、管理者として優れた者のことです。

(認定看護管理者について知りたい方は、
看護師から認定看護管理者になるために。認定制度とプロセスのページへどうぞ。)

専門看護師や認定看護師は、看護師以上の知識・技術があり、その分責任も強くある仕事ですが、看護師としてのやりがいを見出せるものでもあります。

看護師・保健師・助産師の仕事内容について

看護師は、年齢問わず全ての人が最大限の健康を取り戻して生活できるように支援するのが基本の仕事。 そんな看護師の仕事を詳しくみていきたいと思います。

看護師は病棟と外来、それ以外と仕事はいくつか分かれていますが、
病棟の看護師の仕事の流れをみてみます。

病院は24時間体制で動いています。
朝、日勤の看護師が最初にする事は夜勤の看護師からの引継ぎ。
前日からの患者さんの様子をしっかり聞くことは大事な仕事の一つです。

その後、患者さんを対応していきます。
検温、血圧測定、注射、身体拭きや食事・トイレのお世話、など、
患者さんの日常生活の手助けも看護師が行います。

患者一人だけに対する仕事内容をみてみると、誰でも簡単にこなせるのではないかと思ってしまいますが、
看護師一人で大体5?8人の患者さんを受け持つことが多く、中にはイレギュラーな仕事が加わる事もあるので、
時間が足りなくなってしまったりと一日勤務するだけで、クタクタになってしまうほどです。

また、看護師は受け持った患者さんの一日を看護記録に記録していくのも大事な仕事。

患者さんは何かしらの病があって入院しているわけなので、
どんなささいな事でも見落とさず記録していく必要があります。
少しの間違いでも、患者さんの命にかかわる事もあるので正確さが大事。

病院は、生後間も無い赤ちゃんからお年寄りの方まで、年齢問わず利用する場所です。
そんな病院では、出産や患者さんの病気からの回復・退院など喜びの機会にたち合うこともあれば、
人の死といった悲しい機会に立ち会うことあり、体力だけでなく精神的にも辛いのが看護師の職場・仕事でもあります。

ですが、喜びや悲しみ以外にも、自身のスキルアップを目指したり、
仕事に対してのやりがいもあるのが看護師の仕事です。

看護師と保健師の違い・保健師の仕事は??

病気の予防など人を看護するという意味で、同じ職種にある看護師と保健師。
看護師と保健師には、どんな違いがあるのでしょうか。

看護師は病気になってしまった患者さんのケア(看護)を中心として対応するのに対し、
保健師は病気にならないようにするための予防や指導を行うことが中心です。

保健師に求められる役割も看護師とは異なり、
地域や自身が勤める企業などの人たちがいつでも健康でいられるように支援すること。

保健師の資格を持つ人の多くは、都道府県や市町村などの各自治体で仕事をしている人が多く、
地域の方を集めての健康指導や乳幼児や老人といった病気になり易い人への検診や訪問、
時には健康相談などを受けることが主な仕事内容です。

そんな保健師になるためには、国家資格である看護師免許を取得していることが大前提です。
最近は、看護大学で4年間学ぶ事で、看護師免許と保健師免許を同時受験できるようになりました。

少し前までは看護学校を卒業後、保健師としての勉強をするために
最低1年は保健師養成所や短期大学に通う必要があったようです。

以前に比べると取得しやすくなった保健師免許ですが、
看護師に比べるとまだまだ受験者は少なく保健師として働いている人は不足気味です。

また、健康ブームや少し前に新しく始まった特定健康検査や保健指導、
これは任意ではありますが自身の健康を考え参加される方も多く、
その分保健師の仕事も増えてきているのが現状。
保健師の需要が、少しずつ増えてきています。

保健師は、看護師のように緊急患者などの対応も無いので、
比較的勤務時間もしっかり守られながら働くことができる仕事。
看護師免許を取得しようと思っている人は、もう少し頑張って保健師免許も取得してみてはいかがですか。

助産師とは・助産師の仕事内容は??

助産師。
漢字からも分かるように、出産を助けるのが助産師の主な仕事です。
助産師についてくわしくみてみたいと思います。

助産師として働くには、国家試験である助産師免許の取得が必要。
この助産師免許を取得するには、看護師試験に合格していることがまず大前提です。
看護師免許を取っていない人は、助産師免許を取る事はできません。

助産師免許を取得するには高校卒業後、
看護短大・専門学校で3年学びさらに助産師養成学校で1年学ぶ方法か、
高校卒業後看護大学で4年学ぶ方法かを選択することができます。

ですが、短大・専門学校から助産師養成学校へ進学するにはもちろん受験に合格する必要があります。

看護大学で助産師免許を取得しようと思った場合も、助産師課程に入り学ばなくてはいけません。
ですが、助産師課程の定員は極端に少なく、定員数は大学にもよりますが、平均10名程と狭き門となっているようです。
また、助産師資格は女性専用の国家資格で、男性が助産師免許を取得する事はできません。

そんな助産師の仕事は出産時に立会い介助するだけでなく、
妊娠から出産、産後までの母子を精神的・体力的にケアしていく事も大事な仕事です。

また、出産後の授乳・オムツ変え・沐浴・離乳食といった、新生児・乳幼児の育児指導や
特にはじめての子供を出産した母親の育児相談といったことも仕事の一つ。

助産師は、小さな命の誕生に立ち会えるという素敵な仕事。
ですが、素敵な仕事だけに大変な事や失敗はけして許されない仕事でもあります。

そんな理由もあり助産師は看護師や保健師に比べて、
免許を取得するのが難しくなっているのかもしれません。

厳しい面も多くある助産師。
ですが、助産師はやりがいのある仕事の一つだと私は思います。


↑看護師紹介会社ランキングへ戻る


更新情報

2016.1.29 トップページ更新しました。


お役立ちホームページ

年収ラボ 看護師の給料・年収
e-ナースセンター/日本看護協会